〒344-8521 埼玉県春日部市粕壁東6ー1ー1
  Tel. 048-752-3591  Fax. 048-760-1203
 

地球科学部

調査・研究活動、年一回の合宿、屋上での観測会(不定期)、文化祭での企画発表(プラネタリウムなど)を行っています。岩石から気象・天文に至るまで、幅広いテーマで活動しています。研究をより深いものにするために大学や専門の研究機関の研究者の方のお話を聞いたり、実験を行っています。昨年(2018)は、つくば市にある産業技術総合研究所を訪問し、研究の助言を受けました。

 全くの初心者でもパソコンを扱えるようになれ、地学に関する知識を得ることもできます。現在(20194)の部員数は24名、33名 計7名です。年間の予定は次の通りです。




4月  新入生歓迎遠足(科学館、博物館、プラネタリウムなど)

8月  校外合宿(乗鞍岳)

9月  春女祭

10月  東部地区科学展

    埼玉県中央科学展

    全国高校理科・科学論文大賞

    その他コンクール

2月  埼玉県理科教育研究発表会

 

活動実績

2018年度

(1) 東部地域科学教育振興展覧会

優良賞 「砂が語る春日部の歴史」

(2) 埼玉県理科教育研究発表会

優良賞 「砂が語る春日部の歴史」

2017年度

(1) 東部地域科学教育振興展覧会

優良賞・努力賞 「雷光の謎2

    優良賞 「液状化現象について」

(2) 埼玉県教育研究発表会

優秀賞 「雷光の謎2

2016年度

(1) 東部地区科学教育振興展覧会

優良賞 「pm2.5の密度」

優秀賞 「ゴッホの見た星」「雷光の謎」

(2) 埼玉県科学振興教育展覧会中央展

優良賞「ゴッホの見た星」「雷光の謎」

(3) 全国高校生理科・科学論文大賞

 努力賞 「月レゴリスの熱特性」

(4) 埼玉県理科研究発表会

優秀賞 「ゴッホの見た星」「雷光の謎」

     「神社は自然堤防上にあるのか」「ゴッホの色と私たちの色」

(5) 日本天文文学会ジュニアセッション

「ゴッホの見た星」

(6) 全国高校総合文化祭 自然科学部門 県代表

「赤外線による全天サーベイから探る大気汚染物質」


 

カウンタ

COUNTER664

地球科学部の活動

地球科学部の活動
1234
2019/08/10

【地球科学部】乗鞍合宿2日目①お花畑散策&天体観測

Tweet ThisSend to Facebook | by 教職員47
 二日目はお花畑で高山植物を見ました。地上では条件が合わないため、普段見ることができない植物を見ることができました。富士見丘を登っている途中、不消池を見ました。透き通っていて、色がきれいでした。活火山である乗鞍岳ならではの安山岩、斑状組織の岩を見ることができました。星だけでなく昼間の山もたくさんの発見がありました!(2年部員)

最初はとても霧と曇りでなかなか星が見えませんでした。でも、ずっと待っていたらとても綺麗な星空を見ることができました。夜起きるのは少し大変でしたが、頑張った後に綺麗な星空を見たら眠気も寒さも吹き飛びました!みんなで流れ星を見たことは一生忘れられないです。(1年部員)







20:10
2019/08/07

【地球科学部】乗鞍岳合宿1日目②天体観測

Tweet ThisSend to Facebook | by 教職員47
<天体観測でのカメラ撮影>星空がよく見え、たくさん写真をとりました。合宿前からカメラの操作、設定について調べていきましたが、実際に先生に教えていただくと、違っていた事やはじめて知った事がたくさんありました。練習して行っても、画面が暗くてよく見えなかったりして対処しきれなかった時には丁寧に教えていただきました。明るいところでピントを合わせると、一気に星空がレンズに広がって感動しました!今年度教えていただいた事や、実際に自分たちでカメラを触ってみた事をまた来年にいかしていきます。(1年生部員)





星の写真撮影はとても難しい!
18:33
2019/08/07

【地球科学部】乗鞍岳合宿1日目①by部長

Tweet ThisSend to Facebook | by 教職員47
こんにちは! 部長のなつみです。乗鞍岳合宿1日目は天気が良く、夜は星の観測日和でした。今年は専門の先生に写真撮影について指導して頂き、カメラの設定から撮影方法について詳しく知ることができました。なんと天の川も撮影することができました!この写真を用いてさらに研究を深められるよう活動していきます。
天の川は肉眼でもはっきり見えました!


アンドロメダ星

 

夜は暗いのでカメラの設定は昼間に行います。
16:23
2019/08/06

【地球科学部】合宿 in 岐阜

Tweet ThisSend to Facebook | by 教職員47
 地球科学部恒例の岐阜県にある乗鞍岳に合宿に行ってまいりました!メインは夜中に行う天体観測ですが、今回は昼間の登山、早朝のご来光の見学も満喫しました。夏の暑さも忘れ、自然の素晴らしさを感じました。今後、部員の報告をアップします。




16:00
2017/01/16

地球科学部 チームVincent大活躍

Tweet ThisSend to Facebook | by 教職員10
1月14日(土)、国立科学技術館「ユニバース」のライブショーのゲストとして、地球科学部の2年生が、2回の講演を行いました。
ほぼ、満席のシアターの観客のみなさんから、絶賛の声!! ライブ中継をしていた、ヤーキス天文台(アメリカ)からも、"excellent "という賛辞の声!!



講演概要
 ゴッホの「ローヌ川の星月夜」に描かれている星ぼしは、北斗七星だと思われていた。だが、夜景に描かれているアルルの街は南西に広がり、北斗七星は北の空にある。そこで、ペガスス座を描いたのではないかという説が浮上した。これまでは、恒星の配置だけの議論だったが、私たちは「星の明るさ」を絵画から求めてみた。その結果、北斗七星の方が強い相関を示した。また、恒星の色指数との関係を調べたところ、ゴッホの目は赤色感度の弱いことが実証された。私たちは、絵画に描かれた事物などから、この絵画は1888年9月12日(水)前後、上弦の月の時期に描かれたものと推定した。ゴッホは月が出ている夕方から、町並みを描きはじめた。このとき向いていた方角は南西である。そして月が沈み、星がよく見えるようになった23時過ぎ、南西に見える星よりも、彼の目には北斗七星が印象に残ったため、空には北斗七星を描いた。キャンバスに「ウソ」を描かないというゴッホだが、この「ローヌ川の星月夜」については、芸術家らしい作業をしたといえる。

16:24
1234