〒344-8521 埼玉県春日部市粕壁東6ー1ー1
  Tel. 048-752-3591  Fax. 048-760-1203
 

生物部

 毎週火曜日 および 長期休業中
 生物部の一年間の活動は,大きく(1)普段の活動(動植物の飼育,実験や観察等),(2)校外活動,(3)文化祭参加 を柱としています。

(1)普段の活動
 ①生き物の飼育
 動物や微生物の飼育などを手がけています。飼育を通して観察眼を養うこともできます。特に,海産水生動物の飼育を行っています。現在,神奈川県や千葉県の磯から入手したヒトデ,ウニ,貝類,魚類などを飼育しています。
 ②実験・観察  次のような実験を手がけています。
 ⅰ.抗菌性を示す放線菌からの抗菌物質の抽出
 ⅱ.微生物の研究 など
(2)校外活動  
   磯の調査、微生物の野外調査など
(3)文化祭では,「植木屋さん」(植木や草花の展示と販売を行う企画)を開いています。あわせて,活動内容の展示を行っています。
※現在,部員は少ないですが,研究活動を継続的に進めています。
 
 活動実績
研究の成果を、科学振興展覧会や理科教育研究発表会などに発表しています。
 
 

生物部の活動

生物部の活動
2017/08/04

生物部 長瀞研修

Tweet ThisSend to Facebook | by:教職員05

7月29日(土)、長瀞で校外研修を実施しました。
宝登山での自然観察や、埼玉自然の博物館で昆虫標本作りなどおこないました。
昆虫標本づくりは昆虫の形をきれいに整えるのがミソで、やってみると意外にハマリます。

生物部では、今年も文化祭で鉢植えの販売や、標本展示などをおこないます。
先着50名様にはベンケイソウをプレゼントしますので、是非見学に来てください。






09:18
2017/06/12

臨海実習

Tweet ThisSend to Facebook | by:教職員05

 生物部では6月11日(日)、臨海実習をおこないました。
千葉県勝浦市にある、千葉県立海の博物館の観察会に参加し、おもにエビやカニの採取や生態観察をおこないました。
 午後からは勝浦海中公園にて、海中展望室から魚類の観察をおこないました。
海底を泳ぐ魚を観察できる数少ない施設で、貴重な経験ができました。





11:07
2015/06/11

「国際学生科学技術フェア」に出場して【生物部】

Tweet ThisSend to Facebook | by:教職員06
 2015年5月中旬に米ペンシルベニア州ピッツバーグで開かれた「国際学生科学技術フェア(ISEF)」に、本校生物部の3名が出場し、研究発表や参加者との交流を行ってきました。ISEFは世界最大の科学コンテストで、今回のIntel ISEF 2015は、78カ国・地域から約1700人の高校生らが参加しました。 
              
                    ポスター展示会場(米、ピッツバーグ)
【ISEFに出場した3名の感想】
 奈良恵さん
  ・残念ながら入賞は叶いませんでしたが準備段階から本番まで一生懸命に取組めたことは大変勉強になりました。
 竹内里奈さん
  ・他国の人たちとの国際交流は思いのほか楽しくよい経験になりました。
 藤岡亜矢さん
  ・研究発表や表彰式・ウェルカムイベント・ダンスパーティーなど多くのイベントがあって、大変にエキサイティングな6日間でした。


14:10
2015/02/09

「インテル国際学生科学技術フェア」に出場(生物部)

Tweet ThisSend to Facebook | by:教職員06

  第58回日本学生科学賞で入賞(研究テーマ:放線菌が示す抗菌性と栄養条件)した生物部がインテル国際学生科学技術フェア(ISEF)に出場することになりました。ISEFは2015年5月10日~15日にアメリカのピッツバーグで開催されます。

 


10:40
2015/01/07

第58回日本学生科学賞で入賞(生物部)

Tweet ThisSend to Facebook | by:教職員06
 平成26年12月22日(月)~24日(水)に行われた第58回日本学生科学賞中央最終審査・表彰式で、生物部の研究「放線菌が示す抗菌性と栄養条件」が読売理工学院賞を受賞しました。放線菌の研究は代々継続して行っているもので、少しずつ積み上げてきた生物部の活動が実を結んだ形となりました。



13:29